君は私の滑稽だ

私は悪人かもしれない。とふと思う事はないだろうか?

 

私は自分に問いかける。

一千万円入ったカバンを拾ったら?

きっと警察に届けるだろう。

 

しかし2kgの金の延べ棒を拾ったら?

わからない。

いや、きっとドキドキしながら家に持ち帰るに違いない。

物が違うだけで、なぜか隠し通す自信が生まれ、さっきまで良心だと思っていたものが、罪を負うことを警戒しただけの感情だと気づく。

 

罪を問われなければ自分のものにしてしまいたい。

あの子も世界も誰のものでもなければ、自分の物にしたい。

 

いや、待てよ。本来は自分さえも自分のものではないのかもしれない。

だったら世界は誰のものでもないのだ。ただ権利を主張する人の都合があるだけだ。ここは私の島だと言う人がいるように。

あぁ、権利とはなんて滑稽なのだろうか。

 

滑稽だがしかし、なければ我々は果てしなく奪い奪われ挙げ句の果てには、命さえあっさりと消してしまう。

なんて愚かなのだろう。

 

私は愚かにも私のものだと主張したい、そんな何かが欲しいのである。

広告を非表示にする