インドネシアのタバコに身体がついていけない話

インドネシアはタバコ大国だったりします。ガラムとかサンポエルナなどは外国でも有名な銘柄。

 

フィルターが甘くて吸っているうちに癖になってしまったんだけど、いかんせんタールやニコチンが強い、すぐに喉が痛くなって肺がゼーゼー言いだしてしまうのです。

 

注意しないといけないのは、痛めたらしっかり治すこと、そうしないとそこから日本では見ないウイルスやらが感染したりで、本格的に体調を崩したりします。

 

で、医者は?ってなるんだけど場所によっては日本語が出来る医者が居なかったりで、そうなると本格的に生活がしんどくなります。

 

アジアの地域に長期で滞在するときは現地の医療事情や言語にはある程度明るくなってからでないと厳しいのかもしれない。

 

 

広告を非表示にする